Login or register to post.
Login to reply  Page: « < 1 of 1 > »
15 Aug 2013 - 03:30106054
キャリア序盤の活躍はガルシアとクリーマーの重荷?
キャリア序盤の活躍はガルシアとクリーマーの重荷?

1999年「全米プロゴルフ選手権」最終日の16番。19歳のセルヒオ・ガルシアがフェアウェイを走り、スキップし、そしてジャンプする姿を見ていると、当時23歳のタイガー・ウッズは“オジサン”に見えたものだった。その光景を見て、13年後の今もガルシアがメジャーで未勝利の選手だなんて想像もしなかった。激安ゴルフクラブ

ポーラ・クリーマーは難コースのオークモントで開催された2010年の「全米女子オープン」の最終6ホールで素晴らしいプレーを見せ、23歳でメジャー初優勝とツアー9勝目を飾った。その時には彼女の意思の強さと積極性に感嘆した。もちろん、 テーラーメイド RocketBallz RBZ それから25カ月も優勝できないことになるとは思ってもみなかった。

そして今年のそれぞれの大会でこの2人が最終ラウンドで優勝へのチャンスをつかんでいた時、プロゴルフの世界でトップをキープすることがいかに難しいかということを改めて認識した。期待というプレッシャーが重荷になっていることも認識した。キャリア序盤で成功を収めた者には、多くを期待してしまうのだ。

一般的に考えても、クリーマーとガルシアは素晴らしいキャリアを築いているといえる。現在26歳のクリーマーは、ツアー初優勝は18歳の時だったし、32歳のガルシアは10代で優勝していた。彼らのゴルフの経歴に、より素晴らしい実績が加わる可能性は十分に残されている。まだそれだけ若いのだから。 ロケット ボールズ ドライバー ガルシアにとっての素晴らしい実績とは、レギュラーツアーでの優勝ではなくメジャー制覇に当たる。またクリーマーにとってのそれは、女子ゴルフで頂点に立つこと、少なくとも米国の女子プロの中ではトップになることだろう。2人とも、それに関しては期待外れというわけだ。


Login to reply  Page: « < 1 of 1 > »