Login or register to post.
Login to reply  Page: « < 1 of 1 > »
15 Aug 2013 - 03:30106053
パワーランキング:ウィンダム選手権
パワーランキング:ウィンダム選手権

156人もの選手が、セッジフィールドCCで生き残りを賭けて争い合う。「フェデックスカップ」ランキング上位125人に入らなければ、翌週の「ザ・バークレイズ」には参加できない。仮にランキング125位から外れてしまっても、賞金王リストで上位125位以内に残ることが出来れば、その選手は2013-14年シーズンの予選会免除の資格を得る。 R11S

パー70のセッジフィールドでは、激しい争いが予想される。過去5年間、この大会が開かれたこのコースは、パー70コースのうち、最もスコアが出やすいコースのひとつという評価を受けている。昨年の平均スコアは「69.373」で、米国ツアー大会に加わった2008年以来最高の数字だった。これは、わずか3ヶ月前に「ベントグラス」から「チャンピオン・バミューダ」にグリーンの芝を変更したことが理由に挙げられている。テーラーメイド RocketBallz RBZ ロケット ボールズ ドライバー

昨年のグリーンキープ率は67.6%。71%を下回ってしまったのは初めてのことだった。パー4とパー5でのスコア平均はそれぞれ「4.04」「4.51」で、実際にセッジフィールドで行われる大会で、いずれも最高スコアを記録した。
ゴルフ用品

5つのロングホールのカップまでの距離の平均は34フィート6インチ。ラフからの距離は米国ツアー最長となる52フィート1インチがこのコースの特徴だ。好スコアが続出した場合にはフェアウェイ上でのショットは大きな問題ではないと思われがちだが、ラフからの距離はティオフの際にどのクラブを使うか、頭を悩ませそうだ。ゴルフクラブ

6,500平方フィートを誇るセッジフィールドのグリーンは、毎日降り続く雨により、止まりやすくなるだろう。予報では涼しい気候となる見込みで、華氏70度に達するかどうかというところ。風はそこまで気にする必要はなさそうだ。


Login to reply  Page: « < 1 of 1 > »